D-pcaの集い−「人」と「自己」と「仏法」との出会い・出遇い−

呼びかけ:
 D-pca、これは仏教(真宗)と「人間中心のアプローチ(C.R.ロジャーズ)」との深い交流から生まれてくるアプローチです。「仏法を基底にした人間中心のアプローチ」と呼びます。縮めて「D-pca」です。

 私たちは日々悩みの中で生きています。日常生活にあくせくしています。そんな中でその日常生活を一旦止めて、自分を振り返り、探究したい。その中でより成長したい。そう思わないでしょうか。一人で取り組むのもいいですが、その状況や思い を表現し共有する仲間がいるとさらに前進できます。とても大きな支え合いです。さらに一歩進めて悩みが次々と起きる原因について探求しようとは思わないでしょうか。そのような心の要求に応えようとするのがこの集いです。

 この集いではそのための場作りを用意しています。まず、最初にオープニング・ミーティングを行います。「困っていること」、「やってみたいこと」、「分かち合い」の三本柱になっています。これらを出し合って1日のプランを作ります。例えば、「グループの中で忙しい日常生活を振り返り、自分を取り戻すワイガヤ・リトリートグループ」、「聞法」、「リラクゼーション」などです。様々なことが考えられます。世話人と参加者それぞれの興味に沿って一緒に作っていくのです。一人一人が主人公です。

 この場には、「世話人」と呼んでいる人がいます。この人はD-pca独自の「仏法を基盤とした成長促進的態度(育ち合う人間関係)」でもって、参加者が自由に自己を探究し、表現しやすい雰囲気を醸し出すことに専念しています。

 関心のある方はどなたでも参加できます。場所はのんびりとした相生の街です。気分転換を兼ねて来ていただけるとうれしいです。お出会いを楽しみにしています。

要項:

日時: 2021年2月14日(日)午前10時〜午後5時

定員:8名。2名より行います。

場所:D-pcaセンター

参加費:9,000円(昼食は含みません)

世話人:山下和夫

連絡先・申し込み先:D-pcaセンター 山下和夫

 

こんな方にお奨めします
 こんな方におすすめしたいです。もちろんどれかにです。なんとなく関心があるというのもうれしいです。

*ともかく疲れていてホッとしたい。
*そもそも何が問題かわからなくてなんとなく混乱している。
*不登校、閉じこもり、摂食障がいなど具体的な問題を抱えていて、どこでどうなっているのかわからず自己探究
 したい。ご家族の方もどうぞ。
*病気でもないけれどなんとなく体調が悪い。
*仏教に関心があり、その要のところを知りたい。
*真宗の教えに触れてみたい。
*求道・聴聞に行き詰まっていてしんどく、どこでどうなっているのか自分で紐といてみ たい。

 どの方向に行くかを一番知っているのは自分であり、1人1人がその方向性を決めるのだと思っています。そもそも人は内奥に方向性をすでに決めています。たまたま、それが見いだせない状態になっているだけなのだと思います。

活動案内 トップページ